11:00~16:30  夏瀬杏子
17:00~21:00  芳華美々子
当日の空き状況は各占い師の滞在時間に直接電話でご確認ください

***講座のお知らせ(あんこ)***
「六十干支講座(全2回)」6月10日 17日 (土)13:30~15:30(残席2)→
「十大主星講座(全3回)」6月22日 7月6日 20日(木)11:00~13:00→

*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–

今月(乙巳)は吉方取り!ということで(詳しいことは翡翠先生のブログをご覧ください→)仙台に出かけ甘夏弦先生と遊んできました。甘夏先生はあちらのご出身なので色々安心。
甘夏弦先生 サマーシュガーな日々「仙台旅行」 短い時間でしたがあちこち回って楽しめました。

二人で落ち合う時間も適当だったうえ「松島は見に行こう」くらいの設定だったのですが意外と回れました。
私と甘夏さんは「宿命中殺」という特徴を含む命式を持ちます(それも激しめ)。一般的なくくりや枠をはみ出してしまう性質があるので「きちんと予定を決めない方がやりやすいんだ!」と二人で話しながら回ってました。そんなこと言ってたら乗ろうと思ってた船に乗り損ねて慌てて予定を変更したという(/o\)でも意外に記憶に残ることはこんな予定外の部分かもしれません。

仙台は大きな街ですが緑も多くて住みやすそうな感じでした。「どこが住みやすいか」という話をしましたが、はみだしっ子の私達は田舎暮らしは難しいかもねという結論にいたりました。集団から飛び出してしまう人たちにはムラ社会は厳しい。息苦しい。

私は移動が多くいろいろな所に住みましたが、都市部の「人とのつながりが薄い」場所が多分一番ラクに住めました。年を取るにつれ特にそうです。一般的にはそういう場所は人とのふれあいや助け合いがないという悪い部分にスポットライトがあたるかもしれませんが私にはありがたい。今住んでいるところはわりといいです。
私には妹が一人いますが、伊豆の田舎の兼業農家のお嫁さんとしてしっかり馴染んで生きています。姉と正反対です。妹のように面倒なことがあっても何かのくくりがあるところのほうが住みやすい人の方が多いでしょう。が、そうじゃない人もいます(地方で生まれてそういう自分をわかっている人はもう若いうちに地元を離れているかも)。

現代に生きててよかったーー!(ブルゾンちえみ風に)と思うこともよくあります。ある程度生き方に自由度があってまだ使いようがあるというか。私は占いがあってよかったです。一昔前だったら間違いなく悶々と暮らしてたな私。逃げる所もそうそうなかったでしょうしね。

「これが周りでは普通だから」「安全だから」「同じが安心だから」とはみ出るタイプの人が手足を縮こませていても結局は浮くし本人も苦しいだけ。
住む場所に限らず居場所は色々アレンジできる時代なのだから、はみ出し仲間の方々にはもう色々諦めていただいて(笑)手足を思いっきり伸ばせる場所を作ってほしいと思います。はみ出している人ほど枠内に入らなきゃ!って思うことがあるので注意。
世間様から「いいね!」はもらえにくいかもしれない。でも自分の本心からの「いいね!」をつけられればいいですよね。
(あんこ)