11:00~16:30  夏瀬杏子
17:00~21:00  芳華美々子
当日の空き状況は直接電話でご確認ください 03-3220-9477

参加者さん募集中の講座(あんこ)
6/22 7/6 7/20 (木)11:00~13:00「算命学 十大主星講座(全3回)」→
8/3(木)8/4(金)「2DAYS☆算命学基礎講座」(こちらはトナカイではありませんが2日間で集中的にやりますので興味のある方はどうぞ)→

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

よく「運気を上げる」とか「今は運がいい(悪い)」といいます。
実際に「運」というものを見たり触ったりしたことは私は無いのですが(できる人もいる・・・かもしれない)、実感としては山を登るように上がって谷を下るように下がって、また上がってを繰り返している感じでしょうか(よくバイオリズムとかいいますがああいうイメージ)。人生調子がいいときもあれば悪いときもある。こう書くと「当たり前でしょ」と思うかもしれませんが天中殺も似たようなものなのに恐がる人が多いのはなぜだろう・・・

多くの人は運がいいときは「ラッキー♪」で運が悪いときは「がんばらなきゃ」となりがち。私もですねー、うまく行かないときはあさっての方向に向けて「がんばらなきゃ」としゃかりきに頑張ってうまくいかず焦って落ち込む・・・のループに突入します。

多分正しくは運がいいときは「がんばらなきゃ♪」で運が悪いときは無理に自力で頑張らない、のようです。
運が悪いときは谷をすべり降りるような感じなので「なんとか上にあがるぞ」ともがいても体力を消耗してかえって落ちて行くだけ。よく溺れたときに岸に向かって泳いでいくのにどんどん流される、という話がありますがあんな感じでしょうか。
時間に任せる、他人に任せることです。(意外とコレが難しいのかも・・・思い通りにはなりませんし。冴えない時に限って自分で何とかしよう、負けない!みたいになるんですよね・・・)

あと大事なのが、一昨日の有元先生のお店日記にもあった「続けること」だと思います→この日記は本当にその通り!
いい悪いの波に左右されず、とりあえずでも何とかでも歩みを続けることが再び運がいいときにたどりつく基本なのかもしれませぬ。
(あんこ)